Make your own free website on Tripod.com
    Starmania あらすじ (一幕)    

[Starmania 二幕]

 「Starmania」---Notre-Dame de Parisと同じく Luc Plamondon作詞、そして作曲はMichel Bergerによるヒット・ミュージカル。初演から数えて20年を越す。
 ブリュノは1994年のパリ・モガドール劇場での公演に、Johnny Rockfort役で出演。CDアルバム「Starmania - Mogador 94」に収録されている。

 * text by Hayashi
 * ネタばれ部分もありますので(特に2幕)、内容を知りたくない方はご注意ください。


 舞台は近未来の連合国家「Occident」の首都モノポリス。

 この都市は地上と地下部分に分かれ高度に発展している。その一方ですむ人々は、どの都市でもそうであるように画一化され、都市の孤独の中に生きている。(「Monopolis」)
 現在「オキシダン」にはテロの嵐が吹き荒れている(「Il se passe quelque chose」)その中心は、Johnny Sadiaに率いられた「闇の星」と呼ばれるヒッピー集団であった。(「Quand on arrive en ville」)
 テレビではキャスターのCristal が、今夜も彼らのテロ行為を報じている。それを見ながらアンダーグランドカフェのウェイトレス Marie-Jeanne は、観客に「闇の星」のこと、そして自分のことを話すのだった。(「Travesti」・「La Complainte de serveuse automate」)

 折しも街は大統領選挙のまっただ中、テレビでは人気番組「スターマニア」の中で、Cristal が、大統領選挙に出馬を表明した大実業家 Zero Janvier 独占インタビューを行っていた。彼は政治スローガンを語り、自分の業績を誇りながらも、本当はアーティストになりたかったという心の内を語る。(「Le blues du businessman」)

 一方 Marie-Jeanne は、この番組にでることが夢だという一人の青年のことを語りだす。彼の名は Ziggy。 彼女は、彼に対する思いをうちあける。しかし彼は、音楽以外頭になく、しかも男の子の方が好きなよう。叶わぬ恋を悲しみながら、それでも彼に夢中だと彼女は言う。(「Un garcon pas comme les autres」)
 一方Ziggyは今日もMarie-Jeanne の言うようににぎやかな場所で仲間と歌いおどっている。(「Un enfant de la pollution」)

 ある日久しぶりに Ziggyがカフェにやってきた。いままで「スターマニア」に送るオーディションの手紙を書いていたという彼を、Marie-Jeanne はからかう。Ziggyは手紙に書いた自分の人生を彼女に話すのだった。(「La chanson de Ziggy」)

 「僕は有名なロックスターになりたいんだ」(モガドール以降版・それ以前はロックドラマー等)という Ziggy。そのために「スターマニア」に出演すると。
 しかしカフェに現れた「闇の星」。彼らは Ziggy をこづき回す。そして Sadiaが冷たく告げる。「番組にでるのはお前じゃない、Johnny だ。」実は Sadia は裏から手を回し、謎に包まれた「闇の星」のリーダー(Johnny)とのカフェでの独占会見という大スクープを条件に「スターマニア」への出演を Cristal との間で決めていた。

 インタビュー当日自分の生い立ちを語る Johnny。 (「Banlieue nord」)
 しかしその最中に「闇の星」がまた大事件を仕掛ける。なんとインタビュアーのCristalを襲い、誘拐監禁してしまう。この知らせはニュースで速報され、奇しくも Zeroの政見放送を中断してしまう。
 その一部始終を見ながらMarie-Jeanne は呟く、「なんて茶番。 Cristalは誘拐されたんじゃない、むしろ Johnnyと逃げたのよ。」(「Discours electoral」)

 実際、物事は彼女の言うとおり進んでいく。監禁されていた Cristal は決まり切った「バラ色の人生」から逃れたかったという。
彼女は Johnny こそが自分を変えてくれると思っていた。
 そんな彼女にふれて、自分もそれまでの人生を変えるために今の生き方を選んだJohnnyは、彼女への愛情を抱き、そのいましめをといてやる。二人は恋に落ちた。(「Coup de foudre」)

 モノポリス、見えない明日と孤独の中、彼らはそれぞれの未来を夢見る。(「Monopolis(reprise)」)


[ Starmania あらすじ (二幕)]

 Bruno Pelletier Japan --- Starmania 1